統計を知らない人のためのSAS入門

著:大橋渉

3,300円(税込)
1%獲得

33pt(1%)内訳を見る

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。親しみやすいイラストを使って統計とSASの基礎を学ぶ!!SAS(バージョン9.1.3)を用いた統計入門書でSASの使い方及び統計の基本を丁寧に解説する。SASは上級者が用いるものであるという認識がある。しかし、統計処理の基本はデータに含まれる情報を要約し、その解析結果を正しく理解・利用することであり、そのために有効なソフトとしてSASは適している。この本では、親しみやすいイラストと解説文によって、SASと統計の基礎について学ぶことができる。※本書は、新興医学出版社の「月刊モダンフィジシャン」の雑誌連載「サルにもわかるSAS講座」に加筆・修正を加えて発行するものとなる。●第1部 SASとは●プロローグ●第2部 SASによる統計入門●第1章 SAS の導入とインストール第2章 環境整備とはじめての解析第3章 プログラムの流れと各ウィンドウの役割第4章 DATA ステップの基礎第5章 DATA ステップの応用第6章 プロシジャ(PROCEDURE)に関する考察第7章 基本統計量を求める第8章 データを数えるということ(頻度集計)第9章 検定の考え方(1)第10章 検定の考え方(2)第11章 ノンパラメトリックな検定第12章 多群の比較(1)第13章 多群の比較(2)第14章 回帰と相関●第3部 医療における多変量解析●第15章 医学における多変量解析(1)第16章 医学における多変量解析(2)第17章 SAS に関する考察と小技集

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/11/06Posted by ブクログ

      これまでSASなんて聞いたこともなかったが、今の仕事でSAS上のシステムをJavaに移植してるので基礎把握に読んだ。
      自分でコーディングはしないので既存コードを読めればよいし、複雑な統計処理でもないの...

      続きを読む

    セーフモード