入門git

著:TravisSwicegood 監訳:でびあんぐる

2,640円(税込)
1%獲得

26pt(1%)内訳を見る

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。バージョン管理ツールgitの実践的な解説書git(ギット)は、オープンソースな分散型のバージョン管理ツールであり、ここ数年で急速にユーザを増やしている。本書は、gitの実践的な解説書である“Pragmatic Version Control Using Git”の日本語版で、ユーザにとって必要な知識を簡潔に解説している。第I部 分散管理の世界へようこそ 第1章 Git流バージョン管理入門 第2章 Gitのセットアップ 第3章 最初のプロジェクトを作る第II部 日々のGit 第4章 追加とコミット:Gitの基本 第5章 ブランチを理解して使う 第6章 Gitの履歴を使った作業 第7章 リモートリポジトリを使った作業 第8章 リポジトリを整理する 第9章 基礎を越えて第III部 管理 第10章 Gitへの移行 第11章 GitosisでGitサーバを動かす第IV部 付録 付録A Gitコマンドリファレンス 付録B その他のリソースとツール 付録C 参考文献

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    23
    5
    3
    4
    11
    3
    8
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/03/24Posted by ブクログ

      以前SVNで仕事をしていた経験があるものの、gitは使ったことがないので、勉強のために購入。
      最初のとっかかりの練習には参考になりました。
      しかし途中からはWebで検索した方が、その時やりたいことが日...

      続きを読む
    • 2019/01/03Posted by ブクログ

      分散バージョン管理システムGitの入門書。最初から読んで行けば、Gitを使う上での一通りをマスターすることができる。

      チュートリアル形式で説明しているので、実際に手元で試しながら読むことで実践的に学...

      続きを読む
    • 2018/11/12Posted by ブクログ

      Subversionもすごいと思ったが、gitはどうもそれ以上な感じだ。ブランチの管理がしやすくなるというのが、特に目を引いた。これからは、やはりgitなのかな。

    開く

    セーフモード