Rによる統計解析

著:青木繁伸

4,180円(税込)
1%獲得

41pt(1%)内訳を見る

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。Rでデータの扱い方から多変量解析まで理解することができる!データ解析者にとって、統計学の理論は重要だが、それ以上に重要なのは、抱えている目的を解決するために、なんらかの統計解析手法を適用し、結果を求めることである。本書はRのインストールからデータの取り扱い方、操作方法、結果の見方、さらにRのエラーの対処方法など、Rでデータを解析していくうえで必要なことを解説する。第1章 Rを使ってみる第2章 データの取り扱い方第3章 一変量統計第4章 二変量統計第5章 検定と推定第6章 多変量解析第7章 統合化された関数を利用する第8章 データ分析の例付録A Rの解説付録B Rの参考図書など

    続きを読む

    レビュー

    4
    3
    5
    0
    4
    3
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/09/15Posted by ブクログ

      まだ読んでる途中だが、Rと統計学の必要な部分を両方ともカバーし、それでいてコンパクトにまとまっているものすごい良書。
      数学的な説明は省略されているので、数学の苦手な人にはきついかも。
      ただ、csvやエ...

      続きを読む
    • 2013/11/10Posted by ブクログ

      購入。

      Rで統計解析する際に必要な関数の使い方を解説している。

      ある程度、統計手法を知っている人がその手法をRでどう使えばいいかを調べるときに使うと便利な内容だった。

      知らない人でも紹介されてい...

      続きを読む
    • 2011/11/14Posted by ブクログ

      統計学は分かっている上で、ツールとしてのRをどう使い倒すか、という本。この本によって、私はRのかゆいところに初めて手が届いた。目次、索引も充実していて、リファレンス本として優れています。

    セーフモード