【最新刊】宝島

宝島

1冊

真藤順丈

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    希望を祈るな。立ち上がり、走り出せ。愛は囁くな。大声で叫び、歌い上げろ。信じよう。仲間との絆を、恋人との愛を。美しい海を、熱を、人間の力を。【あらすじ】英雄を失った島に、新たな魂が立ち上がる。固い絆で結ばれた三人の幼馴染みーーグスク、レイ、ヤマコ。生きるとは走ること、抗うこと、そして想い続けることだった。少年少女は刑事になり、教師になり、テロリストになり――同じ夢に向かった。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/06/21
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4.1
    166
    5
    67
    4
    61
    3
    28
    2
    8
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2020/02/19Posted by ブクログ

      まさに一大叙述詩と言っていい作品です。
      沖縄を舞台にした、戦後間も無くから、あの
      「コザ暴動」と言う歴史に刻まれている事件
      までを、3人の男女の人生をたどることによって
      本当の姿が綴られています。

      ...

      続きを読む
    • 2020/02/18Posted by ブクログ

      最後はぐっとくるものがあって心に残るシーンもたくさんあったけれど、オンちゃんのことがわかるまでさすがに長いかな…。それが気になって急いで読んでしまった。逆に連作短編集と思ってゆっくり2ヶ月ほどかけて読...

      続きを読む
    • 2020/02/13Posted by ブクログ

      戦後沖縄の歴史をベースに、全編沖縄の方言を用いて書かれた力作。真藤さんの作品は、かつて『地図男』『庵堂三兄弟』と立て続けにヒットを出された頃に読んだきり。そして、今回も同じ感想。合わない。内容もそうだ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード