【最新刊】宝島

宝島

1冊

真藤順丈

1,650円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    希望を祈るな。立ち上がり、走り出せ。愛は囁くな。大声で叫び、歌い上げろ。信じよう。仲間との絆を、恋人との愛を。美しい海を、熱を、人間の力を。【あらすじ】英雄を失った島に、新たな魂が立ち上がる。固い絆で結ばれた三人の幼馴染みーーグスク、レイ、ヤマコ。生きるとは走ること、抗うこと、そして想い続けることだった。少年少女は刑事になり、教師になり、テロリストになり――同じ夢に向かった。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/06/21
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4.1
    144
    5
    57
    4
    58
    3
    23
    2
    5
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/12/04Posted by ブクログ

      疾走感。

      星八つくらい付けたい程。
      没頭して一気に読み終えた。

      沖縄の背負ってきたもの、
      そこに生きてきた人たちの想い、
      ままならなさ、
      多くが詰まっていた。

    • 2019/11/30Posted by ブクログ

      力作だった。作者の力と年月をかけて書かれた小説だった。
      実際に起きた事件や実在した人物と架空の人物との組み合わせも無理なく読めた。
      沖縄の悲劇と力強さ、明るさ、大きさが伝わった。
      この小説を読み、現在...

      続きを読む
    • 2019/11/30Posted by ブクログ

      図書館で借りた本。
      沖縄の戦後の話。そこには英雄がいた。アメリカの基地から奪った物資を貧しい人々に配って感謝されていた。しかし、ある時、英雄は帰ってこなかった。必ず変えると約束していたにも関わらず、戻...

      続きを読む
    開く

    セーフモード