【最新刊】ノーベル文学賞を読む ガルシア=マルケスからカズオ・イシグロまで

ノーベル文学賞を読む ガルシア=マルケスからカズオ・イシグロまで

1冊

著者:橋本陽介

1,760円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

    ノーベル文学賞受賞から、ベストセラーはカズオ・イシグロ一色に。しかし、受賞作のうち何作読んだことがあるだろう? 古今東西の受賞作を読み直し、多様な作品たちの「面白さ」を作る仕掛けに迫る!〈目次〉はじめにノーベル文学賞を読むということ一九八〇年代一 章 めくるめく勘違い小説『眩暈』  エリアス・カネッティ 二 章 ラテンアメリカと魔術的リアリズム  ガブリエル・ガルシア=マルケス 三 章 アラビア語圏のリアリズム  ナギーブ・マフフーズ 一九九〇年代 四 章 「黒人」「女性」作家  ト二・モリスン 五 章 「情けないオレ語り」と日本文学  大江健三郎 二〇〇〇年代 六 章 中国語としての表現の追求  高行健 七 章 ワールドワイドで胡散臭い語り V・S・ナイポール 八 章 「他者」と暴力の寓話  J・M・クッツェー 九 章 非非西洋としてのトルコ  オルハン・パムク 十 章 共産主義体制下の静かな絶叫 ヘルタ・ミュラー 二〇一〇年代 十一章 ペルー、あるいは梁山泊  マリオ・バルガス=リョサ 十二章 中国版「魔術的リアリズム」 莫言 十三章 信頼できない語り手  カズオ・イシグロ 終わりに 主要参考文献受賞者の出身国索引

    続きを読む
    提供開始日
    2018/06/22
    連載誌/レーベル
    角川選書
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    4.7
    4
    5
    3
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/09Posted by ブクログ

      ノーベル文学賞を読む ガルシア=マルケスからカズオ・イシグロまで (角川選書)、読了。受賞作に共通するキーは、孤独だと感じた。民族としての孤独、性別としての孤独、個人としての孤独。孤独が複雑に絡み合っ...

      続きを読む
    • 2019/01/08Posted by ブクログ

      個人的に文学賞への興味が覚めやらぬ今日この頃、本屋さんで色々物色しているさなかにふと見かけて、これは買っとかんとってことで。小説のみならぬエンタメ全般をひっくるめても、基本的に80年代以降が好物ってい...

      続きを読む
    • 2018/09/15Posted by ブクログ

      著者の橋本さんが言及しているように、ノーベル文学賞というと、「村上春樹さんが受賞するか」とか「日本人がいただいたか」ということのみが話題になってばかりという印象を私も常々感じていた。ではそういう私自身...

      続きを読む
    開く

    セーフモード