【最新刊】ポストカプセル

ポストカプセル

折原 一

1,430円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    市川大輔は片岡有美に結婚を申し込むべく、意を決して手紙を書いた。指定した時間に待ち合わせの場所に行ったのだが、有美は現れなかった……。一方、手紙を受け取った有美も、指定の時間に待ち合わせ場所に行ったのだが、市川は現れなかった。それもそのはず、有美が手紙を受け取ったのは、15年後のことだったのだ――(「再会」)。一体どうしてこんなことに? 心温まるはずの善意の企画(?)の裏に、驚愕の真相が……!?

    続きを読む
    提供開始日
    2018/06/22
    出版社
    光文社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2019/08/27Posted by ブクログ

      この小説『ポストカプセル』が面白いのは、手紙を出した方も受け取った方も、それがポストカプセルで出されてる事を知らない、って事だ。
      つまり、手紙を出した方は、とっくの昔に相手に届いてると思ってるし、受け...

      続きを読む
    • 2018/07/09Posted by ブクログ

      15年前に投函された手紙が届く。内容は礼状だったり脅迫状だったり遺書だったり。送られた者は不審がって送り主にコンタクトを取ろうとするが、思いがけない展開が待ち構える・・・という話。
      短編の一編一編には...

      続きを読む
    • 2018/12/31Posted by ブクログ

      15年前の手紙が届く。
      15年前の手紙にまつわる短編集と思いきや全体が一続きのミステリ仕立てになっています。
      なるほどねと思わせる話の構成でした。
      でも、15年というのは長すぎませんかと思うのは平和な...

      続きを読む
    開く

    セーフモード