階段途中のビッグ・ノイズ

著:越谷オサム

627円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    軽音楽部の廃部を取り消せ!優柔不断が玉にキズの神山啓人は、猪突猛進型幽霊部員の九十九伸太郎に引きずられて行動を開始する。目指すは文化祭での一発ドカン!!のはずが…。周囲の冷たい視線、不協和音ばかりの仲間達、頼りにならない顧問。そこに太ももが眩しい同級生への恋心も加わって―。啓人達は見事にロックンロールできるのか。

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/04/23Posted by ブクログ

      神山啓人は県立大宮本田高校の2年生になったばかり。急に校長室に呼び出され、所属する軽音楽部の廃部を言い渡される。軽音楽部の部員は啓人を含めて実質たったの3名。そのうちの2名である3年生、つまり啓人の先...

      続きを読む
    • 2014/08/27Posted by ブクログ

      冒頭───

       洟がとまらない。
       拭っても拭っても、鼻水はしつこく唇の上を濡らす。
       バッグの底で潰れていたポケットティッシュはすぐに底をついてしまい、足元のダンボール箱の中から古びたクリーニング・...

      続きを読む
    • 2012/11/12Posted by ブクログ

      あー、これは個人的評価では『陽だまりの彼女』を超えちゃったなー。
      あちらは「恋愛+α」でこちらは「青春モノ」と、ちょっとジャンルは
      異なるから単純な比較はできないけどね。
      どっちがより好きか、と聞かれ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001891910","price":"627"}]

    セーフモード