日本語必笑講座

清水義範

628円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    政治家の常套句、ヘンテコなCMから女子高生やおばさん語まで。日頃見過ごされがちだが、なんとなく引っかかることばを次々と俎上にあげて本質をズバリ指摘。「ネコの缶詰あります」等思わず笑ってしまう〈ヘンナ語〉も多数収録。現代が、日本が、知らず知らずのうちにわかってしまう画期的な日本語論!

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    9
    5
    0
    4
    4
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/24Posted by ブクログ

      「ヘンナ語みっけ!」で、変な日本語というのは多いものだと、改めて思う。全然意味がわからないのに、なぜかわかってしまうのは、日本語の特性なの?それとも、すべからく言葉ってそういうものだろうか。

    • 2015/10/31Posted by ブクログ

      言われてみればと思うところや、そういう見方もあるのかという発見があって面白かった。ユーモアのあるツッコミでさらっと読める。

    • 2013/08/16Posted by ブクログ

      読書録「日本語必笑講座」3

      著者 清水義範
      出版 講談社

      P78より引用
      “目上の方というのはそのぐらいのことはたやすくやってしまい、
      少しも苦労ではない、というのがこのことの論理である。”

       ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード