【最新刊】花の名の姫君

花の名の姫君

木原敏江

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「花の名の姫君」(四世鶴屋南北「桜姫東文章」より)・「わたしが嫌いなお姉様」(容楊黛作「鏡山旧錦絵」より)・「流星」(福森喜宇助作「其小唄夢廓」より)・「轟く滝の下で」(「雷神不動北山桜」より)の本格KABUKIバロック4編を収録!

続きを読む
ページ数
384ページ
提供開始日
2018/06/15
出版社
秋田書店
ジャンル
少女マンガ
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • null巻2012/08/20Posted by ブクログ

    歌舞伎より「桜姫東文章」「鏡山旧錦絵」「其小唄夢廓」「鳴神不動北桜」の漫画化。歌舞伎という江戸文化や狂言作者の細々とした薀蓄をサラっと撫でる程度ではあるけれど漫画としてとても面白かった。少女漫画の王道...

    続きを読む
  • null巻2010/12/28Posted by ブクログ

    なんだか、木原敏江がというか、「天までのぼれ」が読みたい気分だということで、秋田文庫の木原敏江のシリーズに手を出しています。

    「花の名の姫君」は、歌舞伎を素材にしたマンガなんだそうです。

    いくつも...

    続きを読む
  • null巻2006/08/03Posted by ブクログ

    「桜姫東文章」という歌舞伎の漫画化らしい。幸うすき清玄さま、フダつきのワルの権助。そして悲劇。それにしても木原先生の描く男キャラって、こんなにもかっこいいのか‥

開く

セーフモード