【最新刊】島のエアライン 下

島のエアライン

黒木亮

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    たった一機で島の空路を支える「天草エアライン」は、重整備や故障、乗客の減少、人材流出など、次々とトラブルに見舞われる。民間航空会社から社長を招き、新路線も開設するが、思うような効果は上がらない。倒産も視野に入るなか、関係者たちは“島の翼”を守るため、それぞれの持ち場で奮闘を開始する。そして役割を終えた飛行機の第二の人生とは?独力で飛行機を飛ばす島の夢と苦闘の実話物語。圧巻の完結編!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/06/15
    • 島のエアライン 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      島のエアライン 全 2 巻

      3,300円(税込)
      33pt獲得

    レビュー

    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      順風満帆に進むものではなく、さまざまな課題が続々と出てくるが。
      貴重な人材の確保、機体の老朽化、原油価格の影響など、いわゆるヒト、モノ、カネに絡むものだが、会社を存続させるというのとではなく、天草に住...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/07/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      島のエアライン
      天草地域活性化のために熊本県が作った天草エアラインが数多の試練を乗り越えて開業し、経営を軌道に乗せ維持する困難さを描いたノンフィクション。航空産業には素人の県庁職員たちでも航空会社を作...

      続きを読む
    開く

    セーフモード