金魚姫

30%OFF

著者:荻原浩

836円585円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    恋人にふられ、やりがいのない仕事に追われていた潤は、夏祭りで気まぐれにすくった琉金にリュウと名をつけた。その夜、部屋に赤い衣をまとった謎の美女が現れ、潤に問いかける。「どこだ」。どうやら金魚の化身らしい彼女は誰かを捜しているようだが、肝心な記憶を失い途方に暮れていた。突然始まった奇妙な同居生活に、潤はだんだん幸せを感じるように。しかし彼女にはある秘密があった。温かくて切ない、ひと夏の運命の物語。※本書は2015年7月に小社より刊行された単行本を文庫化したものです。

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    32
    5
    8
    4
    12
    3
    7
    2
    5
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/02Posted by ブクログ

      これまで読んだ荻原作の中でも上位に入る。ファンタジーは本来苦手だが、主人公の鬱やブラック企業ぶりがリアルでバランスがとれているので無問題。人生のドン底、死にたいと思った潤が、気まぐれに屋台ですくった1...

      続きを読む
    • 2019/11/08Posted by ブクログ

      初、荻原浩さん。
      ネットで「貴女にぴったりな一冊」の様な診断で勧められた一冊。
      なんなのさ、ぴったりで驚いたではないか....
      自分が生きていく苦しさ。
      自分が生かされる存在。

      切なくて苦しかったけ...

      続きを読む
    • 2019/10/25Posted by ブクログ

      描写がすごい、、金魚のあの綺麗と気持ち悪いの狭間の感じがうまく表現されてて、なんかわかる、、あの肉瘤の感じ、品種改良されてひたすら醜い魚に変わっていった金魚なんだが、見る人が見ると美しいとすら感じるら...

      続きを読む
    開く

    セーフモード