【最新刊】パンツが見える。 羞恥心の現代史

パンツが見える。 羞恥心の現代史

1冊

井上章一

1,188円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    人がパンチラを喜ぶようになったのは、たかだか50年前のこと。パンツをはいていない女店員が、陰部を見られるのを恥じて墜落死したという「白木屋ズロース伝説」は眉唾だ……。「パンツ」をめぐる感性の興亡をたどる、思索の結実。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/06/13

    レビュー

    4
    11
    5
    4
    4
    4
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/27Posted by ブクログ

      ●昔、女性はパンツを履いていなかった。それゆえパンツ(陰部)を覗かれることに対しての羞恥心もなかった。パンツをめぐる羞恥心や感性の変遷を考察した本。

    • 2018/01/05Posted by ブクログ

      「パンツ」をめぐる女性の羞恥心と男の感性の興亡を考証する著者渾身の一作だ。なぜ「パンチラ」に男は萌えるのか? またそれはいつからそうなったのか? 女性は女性で、いつから下着の露出を気にするようになった...

      続きを読む
    • 2016/02/10Posted by ブクログ

      昔、上野千鶴子さんの「スカートの下の劇場」という本を読んだ記憶はあるのですが、内容はすっかり忘れていますw。1955年生まれの井上章一さんの「パンツが見える。」(羞恥心の現代史)、2002.5発行です...

      続きを読む
    開く

    セーフモード