【最新刊】応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱

応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱

呉座勇一 著

990円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    室町後期、諸大名が東西両軍に分かれ、京都市街を主戦場として戦った応仁の乱(一四六七~七七)。細川勝元、山名宗全という時の実力者の対立に、将軍後継問題や管領家畠山・斯波両氏の家督争いが絡んで起きたとされる。戦国乱世の序曲とも評されるが、高い知名度とは対照的に、実態は十分知られていない。いかなる原因で勃発し、どう終結に至ったか。なぜあれほど長期化したのか――。日本史上屈指の大乱を読み解く意欲作。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/06/08
    連載誌/レーベル
    中公新書

    レビュー

    • 2019/01/14Posted by ブクログ

      5、6年前だったか?ふと、「応仁の乱って、結局どういうものだったんだろう?」と思ったことがあって。
      例によって、アマゾンで「応仁の乱」で検索してみたんです。でも、特にない。岩波新書やちょっと高そうな学...

      続きを読む
    • 2017/10/14Posted by ブクログ

      メディア掲載レビューほか

      成功例の少ない「応仁の乱」で18万部。日本史研究に新たなスター誕生か 日本史上の大トピックとされていながらも、全体像を捉え難い「応仁の乱」。そんな題材を、既成史観の図式に...

      続きを読む
    • 2017/01/02Posted by ブクログ

      なかなか面白かった。
      日本史有数の大乱であったにもかかわらず、その実際については戦国時代ほど知られているわけではない「応仁の乱」について、出だしを大和国の視点で説き起こすという新しい切り口で叙述した著...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001886167","price":"990"}]

    セーフモード