【最新刊】英国公文書の世界史 一次資料の宝石箱

英国公文書の世界史 一次資料の宝石箱

小林恭子 著

968円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    中世から現代までの千年に渡る膨大な歴史資料を網羅する英国国立公文書館。ここには米国独立宣言のポスター、シェイクスピアの遺言書、欧州分割を決定づけたチャーチルの手書きメモから、夏目漱石の名前が残る下宿記録、ホームズや切り裂きジャックの手紙、タイタニック号の最後のSOS、ビートルズの来日報告書まで、幅広い分野の一次資料が保管されている。この宝石箱に潜む「財宝」たちは、圧巻の存在感で私たちを惹きつけ、歴史の世界へといざなう。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/06/08
    連載誌/レーベル
    中公新書ラクレ

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • 英国公文書の世界...2018/09/17Posted by ブクログ

      英国の歴史にかかわる出来事を公文書館(National Archives、以下NA)の資料を引用し纏めたもの。類書がありそうな(NAがそれぞれの出来事でパンフを作っていそうな)気もするが、この視点があ...

      続きを読む
    • 英国公文書の世界...2018/05/30Posted by ブクログ

      中世から現代までの千年に渡る膨大な歴史資料を保管する英国国立公文書館。眠れる「財宝」が私たちに語りかけるものとは。

    セーフモード