人と組織の「アイデア実行力」を高める ― OST(オープン・スペース・テクノロジー)実践ガイド

著:香取一昭 著:大川恒

2,640円(税込)
1%獲得

26pt(1%)内訳を見る

    もう「アイデア出し」で終わらせない。企業の新規事業創出から、地域コミュニティの活性化までさまざまな問題解決の突破口を見いだすために全国各地で活用される「場づくり」の技法。【大成建設、大分FC×大分大学×富士通総研、京都市伏見区、edcamp Kamakura、田舎の宝カフェ……事例満載!】◆「オープン・スペース・テクノロジー」とは?実行したいアイデアや解決したい課題を参加者自身が提案し、それに賛同する人たちが集まって話し合うことにより、具体的なプロジェクトを生み出したり、課題への理解を深めたりするためのワークショップ手法です。「分科会同士の移動は自由」「ここにいる人が適任者なのだという意識をもつ」などの特徴的なルールがあり参加者の自主性・自発性を最大限に引き出すことを目的としています。組織開発コンサルタントであり、写真家でもあるハリソン・オーエンにより1985年に開発。規模に成約はなく、数十人から数百人、数千人の事例もあり、世界中で開催されるようになっています。日本でも「ワールド・カフェ」をはじめとする「対話の場」が盛んに開催されるようになっており、それをさらに実践に落とし込む方法として、OSTやそこから派生したプロアクションカフェ、アイデアソンなどのイベントが続々と開催されるようになってきています。本書の著者は、OSTファシリテーター養成講座を10年以上にわたって実施してきた第一人者。日本各地の事例を取材し、実践のポイント、ファシリテーターの心構え、そして組織開発への示唆を盛り込んだのが本書です。組織やコミュニティでの場づくりに関心ある方はもちろん、リーダーシップ育成、組織開発に関心ある方にも実践に生かせるヒントが詰まっています。

    続きを読む

    レビュー

    4.3
    3
    5
    1
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/04Posted by ブクログ

      OSTの思想的な背景から、進め方まで丁寧に書かれています。
      はじめての方には、良い入門書です。
      ファシリテーターのシナリオも掲載され、すぐに始めることが出来ます。
      事例も豊富にあり、他のアプローチの組...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/01/13Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/07/15Posted by ブクログ

      2018年33冊目。

      様々なワークショップの手法がある中で、「オープン・スペース・テクノロジー(OST)」は、参加者のリーダーシップを大きく開花させ、話し合いが実行にまで結びつく可能性が高い手法だと...

      続きを読む
    開く

    セーフモード