【最新刊】おおかみこどもの雨と雪(角川つばさ文庫)

おおかみこどもの雨と雪(角川つばさ文庫)

1冊

作:細田守 カバー絵:貞本義行 挿絵:喜久屋めがね

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    お母さんの「花」、雪の日に生まれた姉の「雪」、そして雨の日に生まれた弟の「雨」の三人家族には人には言えない秘密があった。二人の子どもたちのお父さんは、じつは、おおかみおとこだったのだ…。【小学上級から ★★★】

    続きを読む
    提供開始日
    2018/06/15
    連載誌/レーベル
    角川つばさ文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    児童文学

    レビュー

    4
    13
    5
    5
    4
    4
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/08/17Posted by ブクログ

      このお話は花という、のちの雨と雪の母親になる人がおおかみこどもの雨と雪の成長を見守っていく話です。雪や雨が様々なトラブルを起こし、花はクタクタの毎日を過ごしていましたが、それでもくじけずに、人に頼らず...

      続きを読む
    • 2015/01/17Posted by ブクログ

      二年生の夏(8歳2ヶ月)、初めて読んだ長編小説。270ページ。先に映画を見て、お友達に借りて一気読み。

    • 2014/01/01Posted by ブクログ

      先日、劇場版がTV放映されていたらしいが未視聴。母性の描き方などが多少話題になっていたので構えて読んだが、どうしてそんな叩かれ方をするのか全く判らなかった。素直に物語を楽しめばいいのにねぇ。

    開く

    セーフモード