バケモノの子

著者:細田守

604円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

この世界には、人間の世界とは別にもう1つの世界がある。バケモノの世界だ。ある日、ひとりぼっちの少年がバケモノの世界に迷い込み、バケモノ・熊徹の弟子となり、九太という名前を授けられる。その偶然の出会いが、想像を超えた冒険の始まりだった――。

続きを読む

レビュー

3.8
38
5
9
4
15
3
13
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2019/01/04Posted by ブクログ

    映画がおもしろかったので読んでみました!
    映画のシーンを思い出しながら読むと、物語の世界に引きこまれて夢中になって…
    めずらしく一気に読みおわってしまいました

  • 2018/08/10Posted by ブクログ

    映画公開前に読み、読み終わってから映画館で観た。どちらもリピートする面白さで、小説を読みながらも息を飲み、映画を観ても同じ場面で息を飲んだ。

  • 2018/02/23Posted by ブクログ

    2/23読了 5冊目

    映画も見ていたが、本だとまた違う良さがある。ただ、文学作品の物語として面白いのかというと微妙かもしれない。映画を観て興味持った人、これから映画見るつもりの人向けかと。

もっと見る

セーフモード