リマ・トゥジュ・リマ・トゥジュ・トゥジュ

こまつあやこ

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    中二の九月に、マレーシアからの帰国子女になった沙弥は、日本の中学に順応しようと四苦八苦。ある日、沙弥は延滞本の督促をしてまわる三年の「督促女王」に呼び出されて「今からギンコウついてきて」と言われ、まさか銀行強盗? と沙弥は驚くがそれは短歌の吟行のことだった。短歌など詠んだことのない沙弥は戸惑う。しかし、でたらめにマレーシア語を織り交ぜた短歌を詠んでみると……。2017年講談社児童文学新人賞受賞作!

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    9
    5
    2
    4
    3
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/06/10Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/03/06Posted by ブクログ

      2018年度の中学入試の国語で多く出題された物語のうち、某塾の先生が最もおすすめする本として挙げていた本。
      中学生が主人公のお話なので、おっさんが読んでも爽やかだったーって感じなんですが、こどもにも読...

      続きを読む
    • 2019/02/12Posted by ブクログ

      マレーシアから帰ってきて日本の地元の中学に編入したばかりの沙弥。クラスになじもうと必死の彼女だが、一年上のせんぱいにむりやり「ぎんこう」にひっぱりだされて、いつしかいっしょに短歌を詠むようになる。タイ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード