【最新刊】やってはいけない歯科治療(小学館新書)

やってはいけない歯科治療(小学館新書)

岩澤倫彦

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    歯科業界が隠してきたタブーをすべて書く!日本人の歯をダメにした正体は、歯科治療だった――・虫歯を再発させる“手抜き”の「銀歯」の存在・歯を削り、抜くことを当然と考える歯医者たち・歯周病治療を受けているのに歯を失ってしまうワケ・危ないインプラント手術の現場に潜入・「感染予防」実施率5割!歯医者の危険な実態歯を失う連鎖は、「銀歯」から始まっていた――健全な歯まで削り込んで、手抜き銀歯を被せ、歯周病を放置。さらには、歯を抜いてインプラント。「患者の歯を守る」よりも「歯医者の都合」を優先した治療が横行している!では、いい歯医者と悪徳歯医者をどう見分けるのか? 患者はどうすれば自分の歯を守れるのか? 100人以上の歯医者、歯科衛生士、歯科技工士に取材を重ねた著者がレポートする。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/06/06
    連載誌/レーベル
    小学館新書
    出版社
    小学館
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • やってはいけない...
      2018/06/13

      2年ほど前に「週刊ポスト」で展開していた歯科治療の追求キャンペーンをまとめたもの。
      前にある番組で医療ジャーナリストの方と共に歯科治療の特集を行なったが、その頃と何も変わっていないというのが感想。今は...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • やってはいけない...
      2019/01/01
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード