世界で通用する曲がらないスイング理論

内藤 雄士

841円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    【電子版のご注意事項】※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。ツアープロコーチNO1の実績を持つ内藤雄士の最新スイング理論。世界の一流はシンプルなことしかやらないから曲がらないツアープロコーチとしてはNO1の実績を持つ内藤雄士。コーチ業だけでなく、ほとんどのゴルフ誌に連載を持ち、TVのトーナメント解説でも活躍。書籍、ムックでも実績のある内藤氏がアメリカでの最新情報、テクニックの取材を経て、数年ぶりの出版。世界の最新理論を研究したうえでの、アマチュアが切望する「曲がらない」スイング理論。・プロとアマチュアの「真っ直ぐ」の観点はこんなに違う・曲がらない球の一番の要素は「芯を食う」ことにある・世界の超一流プレーヤーはシンプルなことしかやらないから曲がらない・緊張した場面で突然曲げてしまうのはスイングに欠点あり!?・今のクラブの恩恵を受けられるスイングなら、そんなに曲がらない・構えを見ただけでその人の球筋がひと目で分かる・曲がってばかりいるのは、関節のポジショニングが悪いから など。内藤 雄士:ツアープロコーチ。1969年生まれ。日本大学ゴルフ部出身。日本大学ゴルフ部在籍中にアメリカにゴルフ留学し、最新ゴルフ理論を学ぶ。帰国後、ゴルフ練習場ハイランドセンター(杉並区・高井戸)にラーニングゴルフクラブ(LGC)を設立し、レッスン活動を始める。1998年、ツアープロコーチとしての活動を始め、日本に「ツアープロコーチ」という概念を持ち込んだパイオニア的存在。2001年には、マスターズ、全米オープン、全米プロのメジャー大会の舞台を日本人初のツアープロコーチという立場で経験する。丸山茂樹プロをPGAツアー初優勝に導いたのをはじめ、多くのプロをコーチする内藤氏の『理論とメソッド』は、ゴルフ界で最も注目を集めている。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード