今どきクラブの最新スイング理論

関 雅史

826円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    【電子版のご注意事項】※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。常に進化するゴルフクラブに合わせた最新スイング論。クラブは簡単になったのに、難しく考えているのはあなたです!なぜ? かつて大活躍したプロが今苦しんでいるのか?それは、パーシモン時代のスイングから、今の最新クラブに対応したスイングへの移行ができなかったからです。それほど、最新クラブと10年前、20年前のクラブは別モノです。だからこそ、今の時代にあったスイングが必要になってきます。それを語ってもらう上で、最適な人物が「レッスン」「クラブ選び」の両面でプロの資格を持っているQPこと関雅史氏です。関プロは、もともとドラコン競技などにも出場しており、身長168センチながら、382ヤードの公式記録を持っています。それだけ、「効率的な体の使い方」ができる理論を持っています。「ゴルフが上手くなる、の本質を考えたことありますか? ゴルフが上手くなるとは、ゴルフクラブの使い方が上手くなる、ということです。ゴルフクラブは進化しているのに、スイング論は進化していなのはおかしいとは思いませんか?」(関雅史)関 雅史:1974年生まれ。東京出身。PGA公認A級インストラクター、クラブフィッターという2足のワラジを履く、ゴルフスタジオ・GOLF FIELDSの人気店長。ゴルフが大好きでこの世界に入り、持ち前の明るさとキャラクター、そしてゴルフへの熱意でたくさんの人にゴルフの面白さを伝えるのを生きがいとし、今までにレッスンしたゴルファーは述べ1万人以上。コミュニケーションを大切にしながらの楽しいレッスンをモットーとしている。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード