「転ばぬ体操」で100歳まで動ける!

武藤 芳照

772円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    【電子版のご注意事項】※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。バランスを崩して転倒し、骨や筋肉を傷めると動けなくなり、全身の機能低下に直結します。転ばない体作り、今から始めましょう。●運動習慣のない人は、転ぶことが圧倒的に多い。それは全体的な筋肉量の低下だけでなく、バランス感覚が衰えているから。転んで骨折、寝たきりで心肺機能低下、そして痴呆症一直線。そんなことにならないために、ロコモ、フレイル予防のために、「転ばぬ体操」を提唱してこられた武藤芳照先生が、この春、「日本転倒予防学会を設立。60歳を過ぎて始める(もちろん40歳ぐらいから始めてほしい)、転倒予防のあれこれをビジュアルで展開します。●転ばぬ先の杖。じつは杖のつき方を間違っている人が8割という現実。悪い足とは反対側につくのが本当です。杖をついて階段を上がる降りる、そんな基本情報も丁寧に紹介します。●巻頭には女優、松金よね子さんとの対談収録。転ばぬ体を手に入れ、メンテナンスしているからこそ、舞台の上で、転ぶことができる、という裏話。実践方法も興味深いものです。武藤 芳照:日体大総合研究所所長/医学博士/日本転倒予防学会・主宰

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード