【最新刊】2022年の次世代自動車産業 異業種戦争の攻防と日本の活路

2022年の次世代自動車産業 異業種戦争の攻防と日本の活路

著:田中道昭

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    自動運転、EV、ライドシェア……「次世代自動車産業」をめぐるニュースが連日メディアを賑わせている。その覇権を巡る戦いは、自動車メーカーのみならず、IT、電機・電子、通信、電力・エネルギーなどのトップ企業がしのぎを削る“異業種戦争”といっても過言ではない。日本勢はどうすれば勝ち残れるのか。大学教授、上場企業の取締役、コンサルタントという3つの顔を持つ著者が、膨大な資料と独自の視点で「戦いの構図」を整理し、日本の活路を探る。 【目次】●序章 次世代自動車産業をめぐる戦国時代の幕開け ●第1章 自動車産業の「創造的破壊」と次世代自動車産業の「破壊的創造」 ●第2章 EVの先駆者・テスラとイーロン・マスクの「大構想」 ●第3章 「メガテック企業」の次世代自動車戦略 ●第4章 GMとフォードの逆襲 ●第5章 新たな自動車産業の覇権はドイツが握る? ●第6章 「中国ブランド」が「自動車先進国」に輸出される日 ●第7章 「ライドシェア」が描く近未来の都市デザイン ●第8章 自動運転テクノロジー、“影の支配者”は誰だ? ●第9章 モビリティと融合するエネルギーと通信 ●第10章 トヨタとソフトバンクから占う日本勢の勝算 ●最終章 日本と日本企業の活路

    続きを読む
    提供開始日
    2018/06/01
    連載誌/レーベル
    PHPビジネス新書
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    • 2022年の次世代自...2018/10/01Posted by ブクログ

      470ページを超える新書にしては厚い本でしたが、中身も実に熱い。
      「自動車」というものの在り方が大きく変化する真っただ中の現代から2022年を見据えて、従来の自動車メーカーの枠を飛び越えてIT、電気、...

      続きを読む
    • 2022年の次世代自...2018/12/24Posted by ブクログ

      ダイムラーがCASE (Connected, Autonomous, Shared & Service, Electirc)というコンセプトを打ち出して以降、特に顕著になった自動車産業の変革気運。Go...

      続きを読む
    • 2022年の次世代自...2018/06/14Posted by ブクログ

      自動車産業の未来予想図がここにある!

      自動車業界は100年に一度の大変革期を迎えていると、言ってきましたが、どのよう
      に変革しそうなのか、
      多面的に解説された本です。

      好みの自動車を購入し、ガソリ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード