【最新刊】天下無双の傾奇者 前田慶次郎

天下無双の傾奇者 前田慶次郎
1冊

著:近衛龍春

779円(税込)
ポイント 7pt

戦国の乱世をもっとも痛快に、自由奔放に生き抜いた武将――前田慶次郎。朱柄の鑓を縦横無尽に振るい、合戦では鬼神のごとき働きで敵陣を震え上がらせた。と同時に、たとえ主君に対しても命を賭けて己の意地を貫き通す“傾き者”として名を馳せていた。また武辺のみならず、古今典籍にも通じた風流人であり、家康に追い詰められて窮地に陥った上杉景勝・直江兼続の主従へ参陣するなど、「義」に厚い人物でもある。誰だろうと理不尽には屈しない、そんな周りが惚れ込むような反骨の男だったが、前半生は決して恵まれたものではなかった。本来、自分が継ぐはずだった前田家の家督を叔父の利家に奪われ、長く不遇の時代を強いられる。だが、天下統一を目指す織田軍の東征は乱世を大きく揺さぶり、この猛き武将を戦国最後の活躍の場へと解き放つのであった――。日の本を掌握した豊臣秀吉の前ですら、平然と傾いて魅せた「天下御免の傾き者」の生涯を描く!

続きを読む
提供開始日
2018/06/01
連載誌/レーベル
PHP文庫

レビュー

3.5
4
5
0
4
2
3
2
2
0
1
0
  • 2012/05/29Posted by ブクログ

    隆慶一郎「一夢庵風流記」や漫画の「花の慶次」で知られる戦国時代末期の快男児、前田慶次郎を描いた歴史小説。傾奇者とは、異様な風体や行動を好みつつも、己の信念にかけては命を懸けてを貫きとおす、そんな生き様...

    続きを読む
  • 2010/02/24Posted by ブクログ

    戦国の世を最も痛快に生きた武将、前田慶次郎。朱柄の鑓を振るい、合戦では敵陣を震え上がらせる一方、たとえ主君に対しても命を賭けて己の信念を貫き通す“傾奇者”であった。叔父の利家に前田家の家督を奪われ不遇...

    続きを読む
  • 2008/12/21Posted by ブクログ

    おもしろいですよ^^ 慶次の逸話がたくさん出てきます!! お勧め・・・ですが、戦国BASARAがお好きな方は、夢が崩されるので、読まない方がいいかも・・・

もっと見る

セーフモード