「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

著:西岡壱誠

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    勉強にも仕事にも効く!「こんな読み方、あったんだ」★本書の特徴★マネするだけで、誰でも、どんな本でも!!1.速く読める2.内容を忘れない3.応用できる東大生は、そんな超・実践的な読書術を自然と習得していました。ホントは教えたくなかったノウハウを、一冊に凝縮します!★一生使える、5つの「スゴい読み方」★「読み込む力」を劇的に上げる……………仮説作り「論理の流れ」がクリアに見える…………取材読み「一言で説明する力」を鍛える……………整理読み「多面的なモノの見方」を身につける……検証読み「ずっと覚えている」ことができる…………議論読み★著者からのコメント★もともと「できる子」だった東大生たちには「当たり前」の読み方。偏差値35で落ちこぼれた僕がたどり着くまで、2年も浪人しました。でも、だからこそ誰よりも、この読書術の「やり方」と「スゴさ」がわかります。本書ではそれを、あますところなくご紹介します。――西岡壱誠

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(261件)
    • 2020/04/26Posted by ブクログ

      読書の仕方を見つめ直す、または体系的に理解するために読む。


      東大生は何事においても「受け身」を嫌う。
      東大生の読書は、「へえ、なるほど、そうなのか」では終わらせず、「えっ、それはなんでなんだろう?...

      続きを読む
    • 2019/09/19Posted by ブクログ

      【この作品を短文で】
      本当に理解できているかどうかは、短い言葉で伝えられるかどうか。つまり「要約できるかどうか」でわかる。
      受動的に本を読む「読者」ではなく、色んな質問をしたり相槌を打ったりできるくら...

      続きを読む
    • 2020/12/23Posted by ブクログ

      多面的な思考力を身につけるためには本と会話しなければならない。

      以下は章の要約

      本を読み始める前に準備することがある。
      カバーや帯から得られる情報を事前にチェックし、付箋にリストアップするのだ。
      ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード