ヤマケイ文庫 野性伝説 羆風/飴色角と三本指

作:戸川幸夫 画:矢口高雄

1,408円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。死者7名、負傷者3名を出した、日本史上最悪の獣害事件「三毛別熊害事件」を動物文学の雄、戸川幸夫が綿密に取材し小説化。その物語を『釣りキチ三平』『マタギ』などで広く知られる矢口高雄がマンガとしてダイナミックに描き出す!人間対羆、大自然のなかで繰り広げられる生命をかけた激闘!矢口マンガの緻密な作画によって、ジョーズより怖い羆の襲撃場面がここに蘇ります。豪華カップリングとして、老獪なカモシカと老マタギの一騎打ちを描いた『飴色角と三本指』も同時収録!千ページを超える圧巻の大ボリューム! 『羆撃ち』久保俊治氏による解説。

    続きを読む

    レビュー

    4.5
    4
    5
    2
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/26Posted by ブクログ

      吉村昭の「羆嵐(くまあらし)」を読んでいたので、同じ事件を扱った矢口高雄の漫画を読んでみた。この漫画の原作は戸川幸夫の「羆風(ひぐまかぜ)」で、「羆嵐」と「羆風」は同じ三毛別羆事件を取り扱っている。紛...

      続きを読む
    • 2019/03/31Posted by ブクログ

       本来、人間は自然の一部である。
       自然というフィールドにおいて、人間と他の動物とは対等であるべきなのだ。

       大正四年十二月、三毛別羆事件として知られるこの事件は、二日で六名の死者を出す被害となった...

      続きを読む
    • 2018/06/24Posted by ブクログ

      日本史上最悪の獣害である「三毛別羆事件」。これを知ったのは、「百姓貴族」の検索すんなだったかなぁ。
      で、検索してみて悲惨さに戦慄。文章だけのウィキペディアでさえ、そうだったのに漫画として読むとさらに。...

      続きを読む
    開く

    セーフモード