アジャイルプラクティス 達人プログラマに学ぶ現場開発者の習慣

著:VenkatSubramaniam 著:AndyHunt 訳:角谷信太郎 訳:木下史彦

2,640円(税込)
1%獲得

26pt(1%)内訳を見る

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。アジャイル(俊敏な、フットワークの軽い)開発の実践的な側面を解説した書籍。単なる開発手法の教科書ではなく、実際の開発現場から生まれたアドバイスや手引きを、具体例を用いて達人プログラマが伝える。原書は、2007年Software Develompent誌Jolt Awardで一般書籍部門のProductivity Award を獲得。

    続きを読む

    レビュー

    4.1
    34
    5
    15
    4
    9
    3
    10
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/20Posted by ブクログ

      光栄なことに翻訳の査読をやらせていただいたので、本書に関しては発売前に一通り読むことができた。しかし、献本していただいたものを改めて通読してみた。一言で言えば、グッジョブすぐる。

      そして、本書を読み...

      続きを読む
    • 2018/11/07Posted by ブクログ

      [備考]
      https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%...

      続きを読む
    • 2018/10/28Posted by ブクログ

      いくつかアジャイル本を読んでいるので内容は既知で、重なる部分が多かった。それでも、いくつかは意識してないプラクティスがありメモしました。

      メモしたいプラクティス
      ・設計は指針であって、指図ではない。...

      続きを読む
    開く

    セーフモード