野食読本

Fielder編集部

1,296円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

    食料はスーパーマーケットで“買う”もの……というのは貨幣至上主義が生み出した現代の常識。本書では、元来我々と共に生きるすべての生命=食料という当たり前の原点に立ち戻り、身近な雑草から山奥の大型獣まで、あらゆる生命の獲り方、食べ方を解説。(その他、野生に存在する毒などの学術記事も掲載)平凡な毎日を激変させるアウトドアレジャーの参考書として、あるいは貨幣システムが麻痺した未曾有の事態に、路頭に迷わないための防災書としても活用できる1冊になっています。【ご利用前に必ずお読みください】■誌面内の目次やページ表記などは紙版のものです。一部の記事は、電子版では掲載されていない場合がございます。■一部マスキングしている写真、掲載順序が違うページなどがある場合がございます。■電子版からは応募できないプレゼントやアンケート、クーポンなどがございます。以上をご理解のうえ、ご購入、ご利用ください。[主な特集内容]●【服部文祥書き下ろし】アイヌの狩猟採集文化に野食の神髄を見る「カムイ食材探求」●常識の中にいては見えない「近所の食材」●ひと昔前の定番食材を知る「山・川の糧」●はじめての野食に最適「海の獲物」●野食を地でいく玄人に学ぶ「カメ五郎の食料」●憧れの野生肉を手にいれる「狩猟ことはじめ」●【付録その1】野食の実用性を高める「採集・保存の技術集」●【付録その2】野食の可能性を広げる「知っておきたい蘊蓄集」

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード