放課後ひとり同盟

小嶋陽太郎

1,458円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    どんな人生を歩んでも、きっと誰か味方はいる。学校を舞台に、10代特有の初期衝動を描く、青春連作短編集。▼「林ちゃん、なにか護身術習えば?」そう提案されるがままに、私はパルコの屋上にいる「蹴り男」に会いに行く。その男は、空から降ってくる不幸を阻止するために、空に向かって蹴りを続けていると言うが――「空に飛び蹴り」。▼気になる人ができたかも。新学期、クラス替えした教室で、私は原田幹雄に出会う。クラスでひと際目立つ、快活で、光のような存在の原田を意識する一方で、私はあることに悩んでいた――「怒る泣く笑う女子」。▼家族への違和感、思い通りにいかない恋愛……。消沈するみさ子の前に現れたのは、嫌な感じのする犬だった――「吠えるな」。▼手持無沙汰なときにはいつもひらがなを書く。書いている最中は、心が温かくなって幸せな気持ちになる――「ストーリーテラー」。▼僕はその場から消えてなくなりたかった。救ってくれたのは、四年生のあたまに転校してきた栗田君だ――「僕とじょうぎとぐるぐると」。連作全5編。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード