いきづまり 隠密絵師事件帖

池 寒魚

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    明治と改元される直前の慶応4年3月。絵師の誠之進は品川を離れ、国許である磐城平藩へ向かう。ほどなく江戸が官軍の手に落ち、奥州の南端にいる誠之進らの元へも追撃の軍勢が迫る。敗走する先で絵師が目の当たりにする旧幕府軍の悲劇。そして再会した土方歳三と箱館の地へ──。欺瞞に満ちた幕末・明治史に喧嘩を売る時代小説シリーズついにクライマックス。頭を殴られるような衝撃のラスト。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード