【最新刊】PTA不要論(新潮新書)

PTA不要論(新潮新書)

黒川祥子

814円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    会員数約1000万人を誇るPTA。だがそれは「卒業してよかったと心から思える」組織だった……役員が決まるまで帰れない恐怖の保護者会。パート賃金以下のベルマーク活動。問答無用、平日昼間にかけられる招集。学校から検閲される広報紙作成。時代錯誤、理不尽のオンパレードだ。いつ、どこで始まり、なぜ続いているのか、そもそも何のためにあるのか――謎の日本最大規模組織・PTAの存在を根本的に問い直す。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/05/25
    連載誌/レーベル
    新潮新書

    レビュー

    • null巻2019/12/19Posted by ブクログ

      学校PTAに疲れた1人のお母さんのもやもやから、取材を重ねるうちにPTAの成り立ち、組織、そして知らないうちに全日本1700万人の親たちが巻き込まれている謎の組織の存在意義が明らかに…!

      なんでやる...

      続きを読む
    • null巻2020/03/11Posted by ブクログ

      できないものを無理してしない。
      意味のある活動を厳選する。どんな活動でも誰かにとって意味があるから,意味があると認識している人で,できる余裕がある人がする。
      集団を維持することを目標にしない。
      job...

      続きを読む
    • null巻2018/05/30Posted by ブクログ

      PTAについて実体験を中心に、法律的な観点から語っているが感情的な部分が強く、この本を通じて何を伝えたかったのかがよく分かりませんでした。

      偽りを語っているわけではないだろうが、PTAを負の側面で見...

      続きを読む
    開く

    セーフモード