【最新刊】徒然草をどう読むか

徒然草をどう読むか

島内裕子

1,676円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    私見によれば、兼好は決して最初から「人生の達人」だったわけではなく、徒然草を執筆しながら、あるいは徒然草を執筆することで、徐々に成熟していった人物である。とりわけ徒然草の後半部になると、兼好の「人間」と「時間」への関心や、ものの見方が、前半部と比べてより一層柔軟に相対化してくるし、兼好の批評精神が顕著に現れてくる。本書では、そのような徒然草の記述の深化と展開を、辿ってみることにしよう。(本文より)

    続きを読む
    提供開始日
    2018/05/26
    連載誌/レーベル
    放送大学叢書
    出版社
    左右社
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      徒然草のそれぞれの話を1話完結型の教科書的な読み方ではなく、連続性を意識しながら読むと見える世界が違ってくる、という。「つれづれなるままに」「心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつればあやし...

      続きを読む

    セーフモード