50歳SEの生き方

著:松山貴之 著:牛島美笛

1,760円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    SEの5人に1人は50代以上やりがいつかむ、12人の働き方 SEの5人に1人は、おそらく50代以上。かつて「35歳SE定年」と言われたが、今となっては全く当たらない。IT業界は50代がいないと回らないのが実情だが、当の50代は不安を抱いている。 ラインのマネジャーになっていないSEにとって、ロールモデルがない。「どのような働き方をすればいいの?」「見本がなくて不安だ」となっているのだ。 そこで本書では、50代SEのさまざまな働き方を取り上げている。キーワードは「幸せ」だ。肩書より本人のやりがいや満足感に重点を置き、12人の働き方を紹介している。(1)替えがきかない人として存在感を示すベテランSE(2)職場環境を自分で作り、働きやすさを手に入れる女性SE(3)昔取ったきねづかで貴重な戦力として働く56歳SE(4)クラウドソーシングで定年後の目標を見つけた男性(5)個人的に取得した気象予報士がいつしか本業になったSE 本書は「読者自身が持つスキルに気づく」助けになるだろう。さらに、自分のスキルに気づいてから改めて本書を読むと、「SE経験を活かしたこんな働き方があるなんて気づかなかった。自分もやってみよう」といった発見があるはずだ。 将来に不安を感じたら、本書であなたに合った働き方を見つけてほしい。

    続きを読む

    レビュー

    3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/08Posted by ブクログ

      バブル時代に大量に生み出された「システムエンジニア」という輩。ロールモデルなき道をどのように歩んでいくか、参考になる。

    • 2018/07/07Posted by ブクログ

      コンピュータを仕事として取り組んできた世代が、今や五十代となり、いまも現役として活躍しているのが分かる。

    • 2018/06/21Posted by ブクログ

      とりあえず分かったのは、50歳になると体力が衰えるということ。つまり、稼働時間で勝負することはできない。(一日くらいならがんばれるかも知れないけど、どうせその後使い物にならなくなると思われる)
      とする...

      続きを読む

    セーフモード