芸と道 千夜千冊エディション

著者:松岡正剛

1,382円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

    日本の芸事は琵琶法師や世阿弥や説経節から始まった。そこから踊りも役者も落語も浪曲も派生した。それぞれの道を極めた芸道名人たちの「間」が却来する1冊。

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/21Posted by ブクログ

      <目次>
      第1章   世阿弥に始まる
      第2章   芸能と音曲
      第3章   芸道談義
      第4章   寄席や役者や

      <内容>
      自分は芸能とは縁がないが、能・歌舞伎・文楽・三味線・落語・芝居、どれも奥深い…...

      続きを読む
    • 2019/06/08Posted by ブクログ

      いつものシリーズなのであるが、特に今回は自分にとって敷居が高いというかなかなか難しいものだった。理由は明快で今まで和の芸に親しむことが少なかったということ。最後の方の役者の部分がかろうじて理解できたの...

      続きを読む

    セーフモード