【最新刊】dele3

dele
3冊

著者:本多孝好

691円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

あなたの死後、不要となるデータを削除します。――『dele.LIFE(ディーリー・ドット・ライフ)』各所から絶賛されたドラマ「dele」の小説版、待望の続編!故人より託されたデータを極秘に削除する会社『dele.LIFE』。その所長、坂上圭司が姿を消した。リサイクルと遺品整理のアルバイトをしていた真柴祐太郎は、圭司の姉・舞からその話を聞き、かつての雇い主を捜し始める。だが、手がかりと思しきファイルは得体の知れぬ陰謀へと繋がっていき――(「リターン・ジャーニー」)。誰からも愛された女子中学生が自殺した。彼女の死と、遺されたデータの謎に迫る「スタンド・アローン」を含む全2篇。データに込められた秘密や想いが胸を震わす、記憶と記録をめぐるミステリ。待望の第3弾!

続きを読む

レビュー

3.8
63
5
10
4
34
3
19
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/07/15Posted by ブクログ

    ドラマを見ていなくて小説で初めて作品を見ました。
    「依頼者の死後にデジタルデバイスから指定された情報を消去する」という設定が、一般的によくある「故人ことを忘れない」というのとは逆ベクトルであるのが興味...

    続きを読む
  • 2019/07/15Posted by ブクログ

    本多孝好はどこへ行くのか? 著者のデビューはミステリー界隈に限らず、衝撃的だった。処女短編集は衝撃的だった。しかし、そのあと、迷走が始まる。賛否両論だった恋愛小説「真夜中の五分前」、個人的には好きだっ...

    続きを読む
  • 2019/07/14Posted by ブクログ

    2018年テレビ朝日系列でドラマ化。山田孝之と菅田将暉。とても良いドラマで、やっと小説を読了。ドラマより物語はおとなしいというか、パソコンのデータの消去というイベントがなければ、ひっそりとした印象。そ...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード