【最新刊】百年前の私たち 雑書から見る男と女

百年前の私たち 雑書から見る男と女

石原千秋

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    明治の末、男女共通の関心は“脳を強くすること”。男は“性慾”に煩悶しつつ、やっぱり帝大出との“就職”格差を気にしている。女は“女学生”に萌え~っと騒ぐ一部の男どもを尻目に、“自分探し”に余念がない。そうそう、したり顔でお説教し、社会を憂うオヤジやオバサンもちゃんといます。近代日本にはじめて生まれた大衆の姿はそのまま私たちの鏡像でもあるのです。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/05/25
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • 2007/10/19Posted by ブクログ

      漱石研究のために集めた雑書の中から、いろいろ抜粋をして、百年前の人達が何をどう考えていたかを読み解きます。百年前からちっとも進歩していない自分達の姿も見えてびっくりするかもです。

    • 2007/05/19Posted by ブクログ

      夏目漱石の女性蔑視をあげつらう前に、当時の常識を調べてみようと立ち上がった?著者。
      漱石ってもはや歴史上の人物なのね・・・。

    • ネタバレ
      2015/02/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード