罪人よやすらかに眠れ

著者:石持浅海

616円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    札幌市にある古びた屋敷。そこに辿り着けるのは、ある条件を満たした者だけ。さまざまな理由で屋敷を訪れた人々は、謎多き住人たちに罪を暴かれてゆくことに。ロジックの名手が紡ぐ、極上“館”ミステリ!※本書は、二〇一五年十一月に小社より刊行された単行本に加筆修正し、文庫化したものです。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(7件)
    • 2019/09/04

      はじめての石持浅海さん。
      札幌中島公園近くの豪華な洋館。
      残念ながらこの館では本格殺人は起きませんが、何故かいわくつきの人々がやってきては、この館に住む青年に次々に暴れてゆきます。
      中島公園には洋館豊...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2018/06/26

      札幌の公園近く館に呼ばれるように近づく人、人。心に抱えた自分でも意識していないものがそこで明るみに出る。なぜわかるんだろう意識の底にあるものが。

      Posted by ブクログ
    • 2019/03/02

      妙な短編集。
      札幌のある屋敷に迷い込んだ(もしくは誘われた)人間の業を住人が暴いていくというミステリー短編集。
      設定はなかなか面白いのだが、その人間が抱える業を明らかにする推理がやや強引な気がした。そ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード