【最新刊】地獄くらやみ花もなき 伍 雨の金魚、昏い隠れ鬼

地獄くらやみ花もなき

著者:路生よる

616円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    魔王の座を譲った皓は、変わらず青児を助手として地獄代行業を営む日々を送っていた。 そんなとき、ある旧家で連続不審死が発生する。依頼人は、北原白秋の童謡 「金魚」に見立てた殺人だと話すが……。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/09/24
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸
    • 地獄くらやみ花もなき 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      地獄くらやみ花もなき 全 5 巻

      3,190円(税込)
      31pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(42件)
    • 地獄くらやみ花もなき2020/11/23Posted by ブクログ

      榎田ユウリさんの伊織さんと鬼灯さんを思い出すけれど、面白かった。
      紅子さんは金魚草から金魚なのかな~。

      面白かったので、2巻~5巻まで大人買いしてみた☆
      漫画も出てるのかー!
      着物の柄とかは漫画で見...

      続きを読む
    • 地獄くらやみ花もなき2020/10/23Posted by ブクログ

      面白かったー!コミカライズを読んで雰囲気が好きだと読んでみたのだけれど、面白かった。妖怪には全く明るくない私だけれど妖怪のこの暗さと容赦のない雰囲気はとても好き。人の気持ちの複雑さもとても惹かれる。そ...

      続きを読む
    • 地獄くらやみ花もなき2018/12/15Posted by ブクログ

      各所の書評での好評価を見て購入。京極作品を好むからには少々厳しめの目をもって読みはじめてがなかなか面白かった。
      ただ、屋敷にたどり着くまでの境界線の様なところの情景描写がもう少しあったら不思議な感じが...

      続きを読む
    開く

    セーフモード