繰り巫女あやかし夜噺~かごめかごめかごのとり~

著:日向夏

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ―かごめかごめかごのとり…後ろの正面だあれ?―古都で次々と起きる怪事件は闇に住まう人にあらざる者たちの仕業なのか。玉繭神社の機織り小屋で巫女は今日も機を織る。弱き人々のために…そして巫女は石舞台で舞を踊る。とんとんからん、とんからん。早朝から聞こえる機織りの音。古都の高台にひっそりとたたずむ玉繭神社には、巫女として住み込みで働く絹子。引きこもりの神職兼大家である青年や身の回りの世話をしてくれるシロとクロと一緒に暮らしている絹子は、大学で非常勤講師として機織も教えている。大家と絹子の下にはあやかしが起こしたとしか考えられない不可解な相談やお祓いの依頼がよく持ち込まれる。女性の肩に現れた不気味な腫物は一体何なのか?長い髪の女性を狙い髪を切るあやかしの正体は?突然神隠しに遭った男の子の行方は?次々と起きる摩訶不思議な事件の真相は明らかになるのか。前作「お憑かれさんです、ごくろうさま」でお馴染みの仲間に加え、大家の血縁であるハジメと呼ばれる巫女など新たな人物も登場。あやかし謎解き噺第二弾「かごめかごめかごのとり」…糸を紡ぐ物語が今再び始まる。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      日向さんの本には評価が甘いかも(笑)。結局、はじめさんは娘ってことなのね。14とかの時の子供ってこと?うわー(-_-;)。内容的には色々怖いよね(-_-;)。花嫁行列とかいやすぎるよー( ;∀;)。し...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001879168","price":"693"}]

    セーフモード