世界最終大戦(2)渾沌を増す世界

著:羅門祐人

820円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    世界のナチス化を阻止せよ!ルーズベルトの決断により極東戦線が地獄と化す!1941年7月、ルーズベルトはワシントンで自由連合最高会議を招集する。そこで彼は、メキシコ方面を主軸とする北米/中米方面を大規模な軍事作戦によって安定化させる「カントリーロード作戦」の実施を宣言。しかし、この作戦によって大日本帝国は、朝鮮半島における大規模反攻作戦、ロシア艦隊殲滅作戦、中国国民党による中国統一支援作戦、満州方面反撃作戦といった「極一号作戦」の中止を余儀なくされる。一方、英本土作戦の実施をもくろむヒトラーは軍備増強計画に着手。素材から航空機に至るまでを一貫生産できる巨大航空機生産工場群を連邦各地に建設していた。そして7月下旬、自由連合はメキシコ全土、さらにはパナマ運河制圧に向け、侵攻を開始するのだった。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード