【最新刊】笑う書店員の多忙な日々

笑う書店員の多忙な日々

著者:石黒敦久

671円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    その筋では知られる書店『四谷書廓堂』の文庫文芸担当として働く女性店員、楠奈津。なによりも本を愛する彼女が、日々店にやってくる困ったお客様や出版社の営業担当を相手に奮闘する姿をコミカルに描いていく――。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/05/25
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2019/08/16Posted by ブクログ

      本屋さんにバイトに! と思ったら…。

      店員になって初めて見えてくる、裏事情。
      好きな本を仕入れるのではなく、売れる本を。
      食べて行かねばならないので、仕方ない事とはいえ
      夢を持ってバイトにくると、き...

      続きを読む
    • 2018/06/09Posted by ブクログ

      こんな書店があったら楽しいだろうなぁ。でも書店を舞台にした小説では、たいがいやりがいはあるけど金は出ない風に描かれているので、そういう面でも書店の将来が心配です。
      さて、本文中に何カ所か違う書店の名前...

      続きを読む
    • 2018/07/04Posted by ブクログ

      四ッ谷駅前の老舗書店を舞台にしたお仕事小説。

      書店員は体力勝負とはよく聞くが、それにしても全般的に体育会系すぎるノリで、でもそれが心地よい「チーム」に見える面白さがある。そこに入り込んできた深窓の令...

      続きを読む
    開く

    セーフモード