進撃のビッグデータ

著:牧野武文

628円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ここ最近「ビッグデータ」という言葉がメディアに登場しない日はありません。それはビッグデータが、ビジネスはもちろん、日常生活や社会までも変えてしまうポテンシャルを持っているからです。今後10年で、ビッグデータを活用できない企業は“淘汰”されていくことになります。ですが、まだ多くの方が具体的にビッグデータがどういうものなのか、ぼんやりしているのではないでしょうか。それも当然です。「ビッグデータとは、こういうものだ」という明確な定義が、専門家の間ですらまだ確立されていないため、ビッグデータの正確なカタチは、まだもやもやしているのが正直なところです。10年後、ビッグデータを理解していない人は、価値のある仕事はできなくなっているでしょう。本書をお読みいただいて、この“もやもや”をできるだけはっきりとさせ、頭の中でビッグデータのカタチをはっきりとさせることができれば、ビッグデータ活用の道が見えてきます。

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/03/19Posted by ブクログ

      ICTの発達などにより、これまでできなかった持てるすべてのデータを使って、誰も思いもよらなかった知見を発見し、未来予測につなげるというのがビッグデータ。今後さらに高速化、低コスト化、精度向上なども見込...

      続きを読む
    • 2014/09/28Posted by ブクログ

      はじめはつまらないと思ったが、意外に、ビッグデータというジャンルに関連するネタが網羅的にあったので、さらっと読むには役立ちそうな気がする。図書館で新刊であったので手にとって借りたが、まずまず。ビッグデ...

      続きを読む

    セーフモード