アジャイルな見積りと計画づくり 価値あるソフトウェアを育てる概念と技法

著:MikeCohn 翻訳:安井力 翻訳:角谷信太郎

3,168円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください。

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ソフトウェア開発の難題である見積りと計画づくりを「アジャイル」にすることで、開発の現実に即した、誤差の少ない計画づくりができるようになる。その技法を、分かりやすく説いた1冊。 「イントロダクション」より 本書のタイトルを「アジャイルプロジェクトの見積りと計画づくり」とすることもできた。だが実際には「アジャイルな見積りと計画づくり」というタイトルになっている。2つの違いは些細に見えるかもしれないが、そうではない。採用した現在のタイトルは、見積りや計画づくりといったプロセスを、アジャイルに進めなければならないと謳っているのだ。見積りと計画づくりがアジャイルでないのに、プロジェクトがアジャイルであるということはありえない。 本書は主に計画づくりを扱っている。計画づくりとは「なにをいつまでに作ればいいのか?」という質問に答える作業だと私は考えている。しかし、この質問に答えるためには、まず見積りに関する質問(これの大きさは?)と、スケジュールに関する質問(「いつできるのか?」「このときまでになにができるのか?」)に答えねばならない。■CONTENTS【第1部】問題とゴール/【第2部】規模を見積る規模の見積り/【第3部】価値に基づく計画づくり/【第4部】スケジュールを立てる/【第5部】トラッキングと伝達/【第6部】なぜアジャイルな計画づくりがうまくいくのか/【第7部】ケーススタディ

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/12/29Posted by ブクログ

      リスク軽減
      最初にリスクを知っていれば、そのリスクを勘案してスケジュールが立てられる

      不確実性を減らす
      新しい知識を取り入れながら、計画が洗練される。更に新たなフィーチャーも追加される

      意思決...

      続きを読む
    • 2013/05/02Posted by ブクログ

      この本を読み始めたころ、新しいプロジェクトで、そこでスクラムを実践しようということになり、色々とツールを導入したり、スクラムマスターにお越しいただいてた。チームのみんなの頭の中に、なんとなくのアジャイ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2012/06/25Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A001876819","price":"3168"}]

    セーフモード