iOS SDK プログラミング・リファレンス【Foundation/UIKit編】

著:大森智史 著:中野洋一

3,352円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。iOSアプリを作成するのに欠かせない主要フレームワークであるFoundationとUIKitを解説したリファレンスブック。それぞれのフレームワークに関して、「どんなメソッドがあるか?」「どんなキーワードで検索すれば目的のものが見つかるか?」という場合に使えることを目指しています。最初のChapter01は「iOSのプログラム概要」として、iOSとObjective-Cのプログラミングの基本を解説しています。それに続く前半のChapterは、Foundationフレームワークの解説。Foundationフレームワークは、文字や数字・日時・データなどの情報、そしてそれらをまとめて扱うコレクション、ファイル管理やネットワーク通信をカバーしている、どちらかというと「縁の下の力持ち」的な役割を持っています。それだけではなく、テキストの解析技術である形態素解析、アプリケーションの国際化に必要なロケール情報、XMLやJSONのパーサー、正規表現を使ったテキスト検索など、アプリケーション作成に有用なクラスもあります。後半のChapterは、UIKitフレームワークの解説です。 UIKitは、ナビゲーション、タブバー、ツールバー、テーブルビュー、ボタンなどなど、洗練されたユーザインターフェイスをアプリにもたらします。画面表示やユーザとのインタラクションなど、iOSアプリを開発するために不可欠なクラスばかりで、Foundationフレームワークと並ぶiOS SDKの基幹技術です。UIKitフレームワークを理解できれば、自分が思い描くiOSアプリを自由自在に開発できるはずです。iPhone/iPadアプリ開発者必携の1冊です。書籍中に掲載したサンプルコードはダウンロード可能。■CONTENTSiOSのプログラム概要/データタイプ/コレクション/イベントハンドリング/ファイル管理/ネットワーク/アプリケーション・ビューコントローラ/ビュー・コントロール/ナビゲーション・テーブルビュー/タブバー・ツールバー/ジェスチャ認識・ユーザイベント/デバイス情報・表示属性

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A001876795","price":"3352"}]

    セーフモード