【最新刊】カットバック 警視庁FCII(毎日新聞出版)

警視庁FC(毎日新聞出版)
2冊

著:今野敏

1,399円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

人気刑事映画のロケ現場で出た本物の死体。夢と現のはざまに消えた犯人を追え! 警視庁地域総務課の楠木肇(くすき・はじめ)は、普段はほとんどやる気のない男。しかし、事件となると意外な才能を発揮する。楠木が所属する特命班「FC(Film Commission)室」には、地域総務課、組対四課、交通課から個性的な面々が集まっている。FC室が警護する人気刑事映画のロケ現場で、潜入捜査官役の俳優が脚本通りの場所で殺された。新署長率いる大森署、捜査一課も合流し捜査を始める警察。なんとしても撮影を続行したい俳優やロケ隊。「現場」で命を削る者たちがせめぎ合う中、犯人を捕えることができるのか。人気シリーズ「隠蔽捜査」の戸高刑事も登場!

続きを読む

レビュー

2.7
44
5
0
4
10
3
19
2
11
1
4
レビュー投稿
  • 2019/07/07Posted by ブクログ

    竜崎がいなくなった後の大森署管轄内で事件が起こった。
    戸高刑事も出てきたが、FC室がメインなので、物足りなかった。

  • 2019/07/06Posted by ブクログ

    今時の「ゆとり」が主人公。
    考えていることが本当に「若者」みたいで、主人公の価値観が違和感なく表現されていて驚いた。

  • 2019/06/15Posted by ブクログ

    戸高登場で期待したけど、あまり持ち味も出てなかったし、このシリーズはもういいかなぁ

    2019.6.15
    92

開く

セーフモード