携帯電磁波の人体影響

矢部 武

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    世界各国で、携帯電話やその基地局の電磁波(高周波)による健康被害を懸念する声が高まっている。健康影響への配慮から子供の使用を制限する動きも出ている。生体への悪影響があるとする研究結果と、それを否定する研究結果があるが、一部の研究者や研究機関は予防的措置を強く提唱している。また、長期にわたって使用した場合の影響は、まだよくわかっていない。海外の事例をふまえつつ、携帯電話の電磁波の問題について考察する。 【目次】はじめに/第一章 ついに米国議会が動き出した/第二章 携帯電話会社に対する訴訟/第三章 健康影響を示唆する調査結果/第四章 安全対策を加速させる欧州諸国/第五章 日本の政府は守ってくれるか/あとがき

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/08/12Posted by ブクログ

      携帯電話での会話は、イヤフォンスピーカーを使う。
      枕元に置くときは電源を切る。
      SAR値の小さい機種を選ぶ。

      脳腫瘍発症リスクの軽減

    • 2014/10/08Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      世界各国で、携帯電話やその基地局の電磁波(高周波)による健康被害を懸念する声が高まっている。
      健康影響への配慮から子供の使用を制限する動きも出ている。
      生体への悪影響があるとする研究結果...

      続きを読む
    • 2011/04/10Posted by ブクログ

      携帯電磁波の人体への悪影響は、かなりグレーゾーンであると考えられる。実際に、欧米では、子供の経済使用に制限をもうけている。
      携帯がない、生活は考えられず、将来にリスクがあるなら、できること(寝る時は、...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001874741","price":"693"}]

    セーフモード