【最新刊】人狩り熊

人狩り熊

米田一彦

1,430円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2016年5~6月、秋田県鹿角市郊外でツキノワグマに襲われ4人が死亡・4人が負傷する本州未曾有の事件が起きた。襲われて絶命した犠牲者は体を食害されたことも判明し、その衝撃は日本列島を駆け抜け市民を震え上がらせた。 青森・秋田県境に近い北東北の辺境の森でいったい何が起きたのか? かつては秋田県庁職員、現在はフリー研究者であるクマの第一人者・米田一彦は事件の真相を解明すべく、現場に足を運んだ。危険な笹薮に入り、遺族や関係者の証言を集め、現地のタケノコ採りに話を聞き、現地の特異な農業形態を調べ…散らばったパズルのピースを1つずつ集めて見えてきたものは。 クマ追い歴46年の著者が、事件の真相を後世に残すべく己のすべてを懸けて実像に迫った渾身のドキュメント!

    続きを読む
    ページ数
    279ページ
    提供開始日
    2018/05/12
    出版社
    つり人社
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューコメント
    • 人狩り熊
      ネタバレ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 人狩り熊

      平成28年に秋田で起きたツキノワグマによる獣害事件を追いかけたドキュメント。 私もついに熊を目撃したので、今後も熊と共生するために学ぼうと手に取りました。熊は確かに怖いけれど、一人目の犠牲者が出た時に...

      続きを読む
    • 人狩り熊

      2016年に4人の犠牲者を出した秋田県鹿角市の十和利山熊襲撃事件のドキュメント。 人を襲う熊という認識は同じ秋田県を舞台にした漫画「銀牙 流れ星銀」で初めて得たけど熊の脅威という点では全くのフィクショ...

      続きを読む
    • 人狩り熊

      人間のエゴがむき出しになった、何とも読後感の悪い内容だった。個人のささやかな楽しみのために、自分や、家族、親しい友人にとわずかに採集するというならいざ知らず、国有林に入り込み、山菜やタケノコをごっそり...

      続きを読む
    • 人狩り熊

      「熊が人を襲うとき」のツキノワグマ研究者による、2016年の秋田県十和利山で4人が死亡した熊害事件のまとめ。初動の失敗、食害への無理解、県と市の連携不足、専門家の不足などなど。現地の状況、タケノコ採り...

      続きを読む

    セーフモード