ギロチンハウス ~課長 榊江梨子の逆襲~

大石直紀

1,263円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

    リストラ社員が会社の闇を暴く痛快ミステリ。精密機器会社・京都クルミ製作所の「セカンドキャリア戦略室」。その実態はリストラ小屋、通称「ギロチンハウス」。突然そこに異動となった経営企画部第二課課長・榊江梨子・42歳、営業一課課長代理・下島裕二・52歳、総務部五係係長・勝見亮・30歳の3人。納得がいかない3人がその直後に起こったある事件を調べていくと、徐々に会社の闇が明らかに。社内不倫、不正経理、派閥争い、盗聴、裏切り・・・。崖っぷち社員たちの人生をかけた闘いが始まった。第69回日本推理作家協会賞短編部門受賞後、著者が初めて書き下ろした痛快リベンジ・ミステリ小説。──ギロチンハウス。(中略)あそこに押し込められた社員は、ときが経つにつれて、目は虚ろに、動きは緩慢になり、やがて生きる屍のようになっていく。──私があそこに……?全身から血の気が引いた。しかしすぐに、いくらなんでも──、と思い直した。──これまで、社内の誰にも文句を言わせないぐらいの実績を上げてきた。こんなことぐらいでリストラなどされるはずがない。「冗談じゃない」 こみ上げる怒りを抑えるために、江梨子は、両手の拳を固く握りしめた。(プロローグより)

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード