人間とは何か

マーク・トウェイン著/中野好夫訳

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 330(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

老人と青年の対話の形で書かれたマーク・トウェイン晩年の著作.人生に幻滅している老人は,青年に向かって,人間の自由意志を否定し,人間は完全に環境に支配されながら自己中心の欲望で動く機械にすぎないことを論証する.人間社会の理想と,現実の利己心とを対比させつつペシミスティックな人間観で読者をひきつけてゆく.

続きを読む
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(48件)
  • 2012/06/05
    ネタバレ
    この内容にはネタバレが含まれています
    Posted by ブクログ
  • 2013/10/20
    ネタバレ
    この内容にはネタバレが含まれています
    Posted by ブクログ
  • 2012/06/10

    マーク=トウェインの人間観・思想が色濃く表れた、エッセイのようなもの。老人と青年の対話に仮託して描かれる。1906年に書かれたという。

    構造主義の先駆的な文学ととらえると、非常にすっきりと頭に入って...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード